土日祝日祭日夜19:30まで診療 東大島駅徒歩4分ダイエー内 | ハートリーフ歯科クリニック東大島

日・祝
10:00-13:30 年中無休で診療いたします
(年末年始などを除く)
14:30-19:30

高度医療 / キッズルーム / 駐車場完備

MENU

当院のこだわりの材料

ハートリーフ歯科クリニック東大島の院長の松原です。

今日は当院で被せ物や詰め物で使われている材料についてお話します。

当院では虫歯や破折などにより歯の修復をしなければならない時保険診療では銀歯のパラジウム合金やコンポジットレジンという強化プラスチックの材料だけではなく、見た目もとても良くや虫歯になりにくい材料も使用しています。

その中でまずご紹介しますのはセラミックの中のでも特殊なガラスを使っているセラミックについてお話します。

一つのブロックを削りだし天然歯と同様な硬さを持ちながら、透明感もありながら精度もあり虫歯になりにくいという特徴があります。もちろん変色はありません。

ジルコニアベースのセラミックに比べ価格も安いということもあります。

欠点としてはとても綺麗なセラミックなのですが、透明感がありすぎるため透けやすいということ。

ジルコニアベースに盛り上げているセラミックと比べ複雑な色彩が苦手としている。

その方の歯の色によってとても綺麗な被せ物として治せるかもしくはセラミックなのだが合わせるのが難しい場合もありますので、まず気になる方はお気軽にご相談ください。

今後は別の被せ物についても随時御説明させて頂きます。