土日祝日祭日夜8:00まで診療 東大島駅徒歩4分ダイエー内 | ハートリーフ歯科クリニック東大島

ポイント1

年中無休
土日・祝日診療

ポイント2

キッズルーム&
バリアフリー

ポイント3

ダイエー東大島駐車場完備

日・祝
10:00-13:30 年中無休
(年末年始、セミナー等を除く)
15:00-20:00

MENU

米国式根管治療に必要なマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)について

 

 

 

 

ハートリーフ歯科クリニック東大島の院長の松原です。

前回根管治療にについて説明しました。前回もお伝えしたように根管の中をどれだけ無菌化に近付けることが成功がカギになります。

しかし根管は歯の内部のため外から肉眼で直視することは難しく歯科用ミラー(根管治療用ミラー)で反射させてみるのですが根管内部は暗く何も見えない状態なのです。さらに根管の形態はとても複雑な形態のためライトを直接当てられない肉眼での治療では手探りで治療している状態のため感染部位に器具があたっているのかすら分かっていません。

それでは成功率の低い治療になってしまいます。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用することによって根管内に直接ライトをあて根管内を見えやすい環境にした上で根の中のを20倍に拡大することによって根の先まで確認しながら感染部位の除去が可能になりました。

今まで肉眼で盲目状態で手探り治療していた状態から、しっかり目で見ながら悪いところを確認しながら治療する事が可能になりました。

目隠しでお掃除するのと目で確認しながらお掃除するのは当たり前ですが目で確認しながらした方がきれいになりますよね。

今後も引き続き根管治療の成功率をもっと上げるための器具のご紹介を致します。