土日祝日祭日夜8:00まで診療 東大島駅徒歩4分ダイエー内 | ハートリーフ歯科クリニック東大島

ポイント1

年中無休
土日・祝日診療

ポイント2

キッズルーム&
バリアフリー

ポイント3

ダイエー東大島駐車場完備

日・祝
10:00-13:30 年中無休
(年末年始、セミナー等を除く)
15:00-20:00

MENU

米国式根管治療に必要な3D(3次元)CTスキャン

ハートリーフ歯科クリニック東大島の院長の松原です。

前回歯の中の根管は複雑な形態をしていることをお伝えしました。

歯の根の形態や数や方向は個人差があり1本1本違います。一般的な2次元のレントゲンで形を確認しようとすると根が重り、根が曲がっていたりするとレントゲンでは明確に映ってこないため、手探り状態になるため経験や勘で治療することになります。さらに根の先に膿ができていても映りが悪く見えないことあります。これでは正確な診断も治療の質も下がりますよね。

この個々の歯の状態を明確にするために3D(3次元)のCTスキャンをし正確な診断が可能になりました。

治療の質を上げ根管治療の成功率をあげるためには欠かせない物となります。